りべ日記

ribenikki.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

オバサン

挙式前の時間を、披露宴会場の事務所で過ごしていました。

電話応対していたプランナーさんが『おいくらぐらい必要ですか?』って
尋ねているのが耳に入りました。

20万円で足りますか?
足りないかも?

それから事務所内で、
一万円札の新札持ってませんか??
と、声がかかりました。

何があったの?と聞いたら
本日の披露宴に出席の新婦さんの友人からの電話で、
お祝いのお金が新札じゃなきゃいけないって知らなかったから
これから両替して欲しいとの話だって。

しかも10人くらい居るんですけど、としれっと言われたと。


その彼女たち、余興のリハーサルにやって来ました。

リハーサル、と聞いてたんだけどなぁ。

打ち合わせと練習を始めます。

本番前の限られた時間、音響さんも私も内心はイライラ・ヒヤヒヤ。


何とか始まった披露宴。

それでは乾杯です、シャンパンをお注ぎしますとスタッフが回り始めると
余興のリーダー格だった女の子が『あ、ノンアルコールにして』だって。

妊婦さんや未成年の方は予め伺ってジンジャエールを用意していましたが
その他の方は基本的にまずはシャンパン、って会場側の勝手??

スマホで撮るのは自分ばっかり。
新郎新婦さんを撮るより自撮りが多い…。
b0293213_15232874.jpg

あー、これって
私がオバサン???
[PR]
by ribe-libe | 2015-11-29 15:06 | 仕事 | Comments(0)

サプライズライヴ

新婦さんのお母様と妹さんは
大阪を拠点に活動しているある男性デュオの大ファンなんだそう。

きっと新婦さんも一緒に彼らを応援しているんでしょうね。

披露宴の10日ばかり前に、新婦さんのお父様から連絡が入りました。

サプライズで来て頂けるから、20分くらい時間をくださいって。

天王寺のストリートライヴから、
今では全国各地でライヴを開催するまでになっているそうです。

新郎新婦さんに分からないようにリハーサルをして、セッティングをして
いよいよ登場となりました。
b0293213_15030881.jpg

突然の登場に新婦さんは勿論、新郎さんも嬉しいビックリ。

流石の歌声に皆さんはウットリ。

更に、この日の余興が素晴らしかった!

事前に内容を知らせてくださったお友達、電話でお話したけれど
とても感じの良い、そして頭の回転の早い方でした。
b0293213_15030965.jpg

b0293213_15030969.jpg

もう、間違いないと思っていたけどやっぱりその通りでした。

最近、DVDに頼り過ぎと感じるお祝いが多い中
頭と身体を使い、時間と手間を惜しまず準備してくださったのが
伝わってくるお祝いでした。

今日お邪魔した会場は遠方で、朝は眠気と戦いながら向かったけれど
帰りは何だか充足感で気分良く運転出来ました。

幸せを分けて貰えた一日でした。


[PR]
by ribe-libe | 2015-11-28 20:44 | 仕事 | Comments(0)

城舟体験

今年春、両親と叔母と四人で栗林公園に行きました。

父念願の和船体験を楽しんだ後、
次は秋の紅葉を観に来よう!と約束しておりました。

今日は実家の行事ごとで弟も駆り出されることになっていたので
午後からはそのまま秋の栗林公園へ出掛けて来ました。

メンバーは前回の四人プラス弟。

只今栗林公園は夜のライトアップをしているとの情報だったので
明るいうちに玉藻公園に行ってみました。

舟に乗りたがる父に玉藻公園の城舟体験を、と思いまして…。
b0293213_23414720.jpg

いざ、出航!!

高松城址、石垣を改めて見渡しながらの遊覧です。
b0293213_23414829.jpg

いつかは天守閣を再建するんだって。

高松港が目の前という立地なのでお堀の水は海水です。

舟の周りには鯛の群。
b0293213_23414876.jpg

真鯛に黒鯛が、ずっと舟に付いて来ます。

でもこの鯛達は決して捉えられたり、食べられたりしません。

一生をこのお堀で過ごすんだそうです。

20分足らずの城舟体験は鯛と戯れるひと時でした。


それから向かった栗林公園、肝心のライトアップはこんな風景でした。
b0293213_23414931.jpg

b0293213_23414922.jpg

昨日の京都と同じく、暖かさ故のまだら紅葉。

こればっかりは自然のこと、仕方ありません。

途中で雨がかなり降り出したので、
園内の掬月亭でお抹茶を頂きながら雨宿り。
b0293213_23475197.jpg

いつも挙式会場としてお邪魔するお茶室で美味しく頂きました。


歩き疲れて晩ご飯は、やっぱりうどん。
b0293213_23475132.jpg

郊外に車を走らせて豪華なお屋敷で讃岐うどんを…。


今夜はやっと寒くなりました。

今年の冬が始まりました。



[PR]
by ribe-libe | 2015-11-26 23:27 | つぶやき | Comments(0)

紅葉狩り

昨年、一昨年と11月上旬に紅葉狩りに行ったらまだ早かったので
今年は3週間程遅らせて、本日行って参りました。

メンバーはこれまで同様『オトナの遠足』チームです。

何処へ行くにも必ずランチはかなり早くから予約しておくのがお約束。
b0293213_00144162.jpg

b0293213_00144113.jpg

今年はイタリアンにしました。

腹拵えを済ませて行った紅葉の名所は4ヶ所!

まず高台寺から…。
b0293213_00144266.jpg

ねねが秀吉の菩提を弔う為に開創したお寺です。

それから次は南禅寺。
b0293213_00144257.jpg

小雨が降り出しました。

それにしても観光バスが連なって、ちっとも進まない道路状況。

平日だからと油断してました。

こちらにはサスペンスドラマでお馴染みのこの空間があるんですね。
b0293213_00144283.jpg

続いてお邪魔したのは永観堂。
b0293213_00174746.jpg

b0293213_00174882.jpg

そろそろ夕方、ライトアップをする清水寺へ行くことに。

時間潰しを兼ねて三年坂で休憩です。
b0293213_00144360.jpg

いよいよ日も暮れたので、じゃあと腰を上げたものの…大行列!!

傘をさしてる分動けない度合いもアップしてました。

いやぁ、本当にスゴイ人出。

平日なのに、雨なのに…。

気を取り直して急遽行き先変更、北野天満宮へ。
b0293213_00144387.jpg

b0293213_00144348.jpg

こちらはすんなり入れました。

太鼓の音も響いてました。
b0293213_00144412.jpg

今日はよく歩きました。

今年は暖かい日がいつまでも続いているせいで、紅葉は今ひとつ。

今日から寒くなったので一気に鮮やかになるでしょうか。



[PR]
by ribe-libe | 2015-11-25 23:52 | Comments(0)

新製品

棋士の皆さんにも大人気、大山名人もなか。
b0293213_12313809.jpg

b0293213_12313822.jpg

b0293213_12313915.jpg

お土産にしたい方には、お日持ちが気になります。

そこで、こちらは如何?
b0293213_12313949.jpg

駒らくがん!!
b0293213_12313931.jpg

これなら長い期間、安心して召し上がって頂けます。
b0293213_12314049.jpg

b0293213_12314091.jpg



倉敷市茶屋町にある文近堂さん、やりますね。
[PR]
by ribe-libe | 2015-11-24 12:26 | お気に入り | Comments(0)

返り咲き

第23期大山名人杯倉敷藤花戦
三番勝負の第2局です。

甲斐智美倉敷藤花に里見香奈女流三冠が挑みます。

只今里見三冠が一勝しています。

本日の対局は10時開始。

両対局者を始め関係者の皆さんが会場に到着しました。
b0293213_01285346.jpg

午前中は非公開。

私達スタッフは控え室で過ごします。
b0293213_01285351.jpg

ネットやケーブルテレビの中継も始まりました。
b0293213_01285493.jpg

対局途中に出されるおやつはフルーツとアールグレイ。
b0293213_01285474.jpg

『将棋の日』のイベントが昨日まで行われていた名残か、
例年より控え室は人が多いです。

優劣のつかない勝負もお昼の休憩時間になりました。

スタッフのお弁当を頂きました。
b0293213_01285462.jpg

美味しくてほぼ完食…ちょいカロリーオーバーです。


さてさて…
午後からは恒例の公開対局。
b0293213_01285542.jpg

ホール内に緊張感が漂います。

楽屋ロビーでは、将棋連盟の谷川会長と倉敷市長が
い草製の将棋盤を挟んで対局してます。
b0293213_01285527.jpg

なかなか見られないシーンかも!



私は駒の動かし方も知らないのでひたすら待つのみ。

今年はいつも以上に熱戦だったようです。

どちらも持ち時間を使いきり、1分将棋になってしばらく経った頃
立会いの女流棋士さんがロビーにやって来て『そろそろ決まりそうです。』と
教えてくれました。

では、とステージ袖で待機していると
先ほどの棋士さんが私の背後にやって来てそっと囁きました。

えっ?! 逆転???

それからまだ粘る両対局者。

いや、まだ分からないって情報も届くし…かなり面白い盤面だそう。

結局、里見香奈女流三冠が勝ちました。

今日からは四冠!

3年ぶり6期目の倉敷藤花に返り咲きました。

強いなぁ。

里見さんも甲斐さんも、何度もこの棋戦でお目にかかっているので
どちらにも勝ってほしい、のが本音です。

更には他にも応援したい棋士さんもいらっしゃるし、
改めて勝負の世界の厳しさを感じます。

勝つか負けるかしかないものね…。



覚え書きの今年着た服。
b0293213_01285521.jpg

おやつは勿論大山名人もなかでした。
b0293213_01285532.jpg



そして、
朝一番は亡き師匠に手を合わせて来ました。
b0293213_01285621.jpg

まる10年経ちました。

藤花戦の日が命日になるような、そんな日を選んで旅立ったのかなぁ、
なんて最近思います。

先生が大事にしていたこの棋戦、しっかり定着していますよ。

安心してください。


[PR]
by ribe-libe | 2015-11-23 23:55 | 仕事 | Comments(0)

胆嚢がん告知から ⑤

入院は手術の三日前でした。

金曜日の午後に病院に・・・。

随分前に買ったものの出番がなかった海外旅行用の大きなスーツケースを
この時初めて使いました。
b0293213_22202322.jpg

2週間はここで過ごす覚悟、スピーカーやらタオルケットやら買い込んで行きました。

iPad miniもこの時買いました。

物欲のカタマリと自他ともに認める私の、入院ストレス発散はやっぱりお買い物でした。

More 続き・・・
[PR]
by ribe-libe | 2015-11-22 22:49 | 胆嚢癌から | Comments(0)

交流レセプション&歓迎会

『将棋の日』というイベントが年に一度開催されているそうです。

誘致したい自治体は多く、将棋ファンには堪らないイベントだそう。

そのイベントが今年は倉敷で開催されます。

更に女流棋士の公式タイトル戦、大山名人杯倉敷藤花戦もいよいよ第2局。

で、本日は
将棋の日in倉敷 交流レセプションと大山名人杯倉敷藤花戦歓迎会。
b0293213_23093811.jpg

b0293213_23093989.jpg

例年の歓迎会の倍くらいの出席者です。

いつもは招待客だけでの歓迎会ですが、今回は一般の方も参加出来るよう
チケットを販売していたのでかなり賑やかになりました。

だって…総勢19名の棋士が登場、参加したいファンの方いっぱいです。
b0293213_23093914.jpg

ずらりと並んだ棋士の皆さん…圧巻です。

もう何年もお邪魔しているけれど、いつもと違う進行だと緊張しました。
b0293213_23093940.jpg

明日は将棋の日の公開収録、明後日は藤花戦の公開対局。
b0293213_23094077.jpg

将棋の町・倉敷がまさに将棋に染まる秋です。

[PR]
by ribe-libe | 2015-11-21 22:54 | 仕事 | Comments(0)

胆嚢がん告知から ④

 
肝臓の検査後、詳しい説明をしますと言われていました。

More  続き・・・
[PR]
by ribe-libe | 2015-11-19 22:47 | 胆嚢癌から | Comments(0)

無念

私の従姉が開いた小さなエステサロンのスタッフとして出会った彼女。

従姉の三人息子の次男と恋仲になりました。

従姉のお気に入りだった彼女は、スタッフから嫁になりました。

私が司会をした披露宴で着たピンク色のカクテルドレスが良く似合う、
可愛らしく、そして謙虚な女性でした。

彼女自身も三人の子供を産みました。

長女は今、小学6年生。

長男が4年生で末っ子の次男は5歳です。

今年になって胃の調子が悪いことがありました。

春に受けた定期検診でガンが見つかりました。

セカンドオピニオンを求めて転院して手術を受けたのが6月8日。

でも、腹膜まで転移していた為すぐに閉腹。

月に一度、3泊4日の入院で抗がん剤治療することになりました。

2回目の抗がん剤を受ける前日、一緒に晩御飯を食べました。

普通の女性並みの食欲でした。

知らない人が見たら、明日からの治療なんて微塵も感じさせない元気と明るさでした。

又来月も何か美味しいモノを食べようね、って言いました。

3回目を受けるまでに腹痛を訴える様になりました。

受診すると腹水が溜まっていることが分かりました。

すぐに入院。

それからはあっという間でした。

一回でも多く子供達に会える方が良いのでは?と病院から言われて、
地元の緩和ケア専門の病院へ夫に付き添われて移りました。

週末、長男のソフトボールの試合の嬉しい報告を聞いた時には
頷くくらいの力しか残っていなかったそうです。

月曜の早朝、
もう寝てもいい?と夫に静かに尋ねたのが最後の言葉でした。
b0293213_19383564.jpg

39歳…。

愛らしい顔は骨の形が判る程に痩せていました。

長女は体格が良くて、お母さんの喪服を着たらぴったりでした。

末っ子は人が沢山居るのが嬉しくて走り回ってました。

姿が見えなくなった長男は、
会場にあったロッカーの陰に潜り込んで体育座りをして
一人で泣いていました。

ピンク色の棺に寝ている彼女。

緩和ケアの医師は、限界を越えて頑張ってるって言ったそうです。

我慢強い女性でした。

家族と離れたくない気持ちがどれだけ強かったか。




無念だろうと思います。辛いなぁ。
[PR]
by ribe-libe | 2015-11-18 13:32 | つぶやき | Comments(0)
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite