りべ日記

ribenikki.exblog.jp ブログトップ

4年

2日前、8月25日でまる4年が経ちました。

思い掛けない胆嚢癌の宣告。

幸いかなり早くに見つかったお陰で今も元気に暮らしています。

肝臓を一部切除する為の手術をしたのが4年前の夏。

日頃はもうすっかり忘れているようだけど、最近たまに傷がチクチクと痛いことがあります。

正面から見たらアルファベットのJのような疵の切り終わり(?)の部分、ここが痛い。
b0293213_19575221.jpg

この部分だけは今でもこんな感じ。

極度の怖がりなので、この部分に触れるようになったのは最近です。

和装の伊達締めは今でも毎日傷を押さえるように着用してます。

癒着してんのかな、と気になりつつ“チクチク”程度なので放置してますが
来月は4ヶ月おきの受診日があるから意を決してDr.に尋ねてみようかなぁ。


この4年の間には私と同じ病で他界した人もいるし、バスに乗って病室に来てくれた父は歩けなくなりました。

私の経過を知る方からは、「生かされてる意味がある筈」との言葉を頂きました。

日々その事ばかりを考えている訳ではないけれど、考え方はやっぱり少し変わったかなぁ。


今日はショートステイに行っていた母を迎えに行き、一緒にカキ氷を食べました。
b0293213_20085774.jpg

練乳かけ放題!
b0293213_20091704.jpg

厳しい残暑の中、熱い身体を冷やして2人で「美味しかったねぇ」と大満足。

食べ物で噛み締める、生きてる有難さ。

夜のおやつにはこちらを頂きます。
b0293213_20120648.jpg
b0293213_20133006.jpg

胆嚢が無くても美味しいものは美味しい。


明日も元気に生きていこう。


[PR]
by ribe-libe | 2018-08-27 19:53 | 胆嚢癌から | Comments(0)

ホントに日記


by ribe-libe
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite